洞察帝王学講座・改 2681 第三期

【提供サービス】
[講座その一]ひとりがたり洞察帝王学
[講座その二]最新洞察インタビュー映像
[講座その三]落合先生があなたの質問・疑問に回答
[講座その四]映像・音声・文字起こしのダウンロード
[講座その五]奥伝参加権


【提供方法】
[講座その一]〜[講座その四]
専用オンラインサイトにおけるストリーミング形式動画
2023年10月から随時配信開始
※お申込日に関わらず、「洞察帝王学講座・改 2681 第三期」における配信済コンテンツはすべて視聴可能

【申込費用】
99,000円(税込)
お支払い方法は、カード・銀行振込ともに〈一括または10回分割〉からお選び頂けます。

ここをクリックして
今すぐ第三期に参加する

2023年10月号コンテンツ

ひとりがたり洞察帝王学
前半

  • 中原に住む一群「華夏族」と西郷隆盛の系譜

ひとりがたり洞察帝王学
後半

  • 西郷菊次郎の功績と蒋経国の血統

最新洞察インタビュー
【動画1】國體伝授開示(30)

  • 牧口常三郎は◯◯。戸田城外は常三郎◯の子
  • 山本玄峰と常三郎◯が縁あり
  • 恵林寺を守っているのは◯◯家
  • 薩摩十郎太が◯◯と会ったのは定かではない
  • 山梨牧口で産まれた子を戸籍に入れないで常三郎◯を戸籍に入れた
  • 常三郎◯を差し替えるのは明治12年。牧口は逸見になる
  • 恵林寺が玄峰に相談して、利発な◯を特殊教育(タテ師)するために土佐臨済に移す
  • ◯が逸見を名乗るのは軍神薩摩十郎太の伝承が身に沁みている
  • 城外の名前は◯◯の外、外◯という意味
  • ◯作は十郎太の「太」の一文字を取っている。これは堀の公門と山本玄峰が身内であることによる
  • 太作の父親は誰か?◯◯
  • 玄峰は◯◯の一党。四国の霊峰は玄峰が押さえていた
  • 平成8年、日本最大のコンピュター基地を作ったのが◯◯山。そこのカシラに先生を、、、?

最新洞察インタビュー
【動画2】國體伝授開示(31)

  • ひさしを借りて母屋を取るのが寄生体。宿主が不動、寄生体は弁天
  • 創価学会の実際の活動は◯◯になってから。立教会を作らせたのは◯◯◯◯
  • 竹下登自民党総裁選決起パーティーの司会は中村喜四郎。◯◯◯◯が来ていた
  • 世田谷奥沢の鈴木を田辺てつおのパトロンにしたのは◯◯
  • キリンの荒蒔は◯◯が石井731部隊と関係があった
  • 光格天皇は自分の皇子◯◯親王を入れて忠尹と名付ける
  • 最新洞察インタビュー
    【動画3】國體伝授開示(32)

    • 光格天皇の末裔である◯◯などの活動は、田中光顕や中山忠能によって隠されていた
    • 貧乏公家らは有力商人に◯◯を売り始める
    • 宮廷1000年余の秩序を揺るがせて、なぜ下級公家の運動が可能になったか?
    • 明治30年代の学習院(四谷時代)では◯◯会というサークルを結成
    • 中山忠光は佐幕派の手で暗殺?される

2023年11月号コンテンツ

ひとりがたり洞察帝王学
前半

  • シベリア黄金の最新考察

ひとりがたり洞察帝王学
後半

  • 満洲国放棄の真相

最新洞察インタビュー
【動画1】落合流世界情勢分析

  • 落合先生が現在の世界情勢を相似象を用いて徹底解説
  • 第四次世界大戦のシナリオを米国が知っていたと思われる状況証拠とは?
  • ハマスを支援するイランの背後にある勢力とは?
  • 戦地に派遣された傭兵部隊の主力を構成する人種とは?
  • 落合先生が「ウクライナ戦争は終わっている」と断言するワケとは?
  • ジャニーズを芸能部として組織する機関とは?
  • 2024年米大統領選はどうなる?落合先生の見通しは??

最新洞察インタビュー
【動画2】國體伝授開示(33)

  • 常三◯◯が大谷光瑞を徹底的に批判する
  • 土方は皇道会の会頭。土方は新選組の土方と血縁
  • ◯◯寺を調べないと判らない
  • 創価学会の跡目争い。◯◯連合対◯◯の闘い
  • 大室、熊沢、三浦、堀川は昔、◯家、◯◯家に捨てられた怨霊みたいなもの
  • 最新洞察インタビュー
    【動画3】國體伝授開示(34)

    • 摂家と◯◯家の戦い。◯◯が待遇改革に動いた
    • タテ師は金でどうにでもなる。◯◯天皇なんかは話にならない
    • 京都学習院は一般には中山、正親町が作ったことになっているが本当は◯◯
    • 大徳寺の立花大亀は◯◯宮の子
    • 阪田機関の阪田は、元は闘鶏神社の神主のアベ
    • この頃、昭和天皇は立花大亀をはずす
    • 後藤田が力を持てたのは◯◯◯◯の後ろ盾があったから
    • 永代信用金庫は最初の信用金庫。福田が骨抜きにしてしまった

    最新洞察インタビュー
    【動画4】Q&A

    • Q1「北朝鮮地域は潜在的に日本領域でありパスポートが必要ないのでは?」
    • Q2「外国による土地の買収に関して國體は対策をとっているのでしょうか?」
    • Q3「日銀に対する『げつぎん』とは何ですか?」
    • Q4「国民預貯金約2000兆円は國體資でしょうか?」
    • Q5「天海は明智光秀でしょうか?」
    • Q6「弁天は寄生体(一神教)の宗教的象徴シンボルとしてあるのでしょうか?」
    • Q7「明治以降の歴代天皇がガーター騎士団に名を連ねている意味とは?」

2023年12月号コンテンツ

ひとりがたり洞察帝王学
前半

  • 華頂伝と天津南海中学三羽烏

ひとりがたり洞察帝王学
後半

  • ロマノフ家のその後と辛亥革命の首謀者

最新洞察インタビュー
【動画1】落合莞爾と池田大作の因縁

  • 落合先生と池田大作氏の両人が絡むファンドの正体
  • 池田大作氏の協力者として國體勢力から遣わされた女性とは?
  • 湾岸戦争協力拠出金に還付金が?一体、誰が管理していたのか??
  • 還付金を「外国の軍」に移した目的とは?
  • 小沢一郎氏をして日本に二大政党制をつくらせた勢力の正体
  • 池田大作氏の正式な◯◯年とは?長らく◯を偽装していた理由とは?
  • 池田大作氏の真の父親と目される大人物の正体
  • 世界中の要人が池田大作氏に面会を求めた理由とは?

最新洞察インタビュー
【動画2】國體伝授開示(35)

  • 松本清張は83歳で殺されたが、それまでに◯◯の秘宝で健康管理をしていた
  • 世事常識は壊れている。これを理詰めにしていくと詐欺になる
  • 牛骨アパタイト、動物の肝が◯◯秘薬。化学元素は必須ミネラルと整合性を持つリン
  • 秘薬を手に入れることができた清張が何故殺されたか、◯◯◯◯◯を書いたこと
  • 清張の手元に渡った資料は、周蔵さんがもらった◯◯レポート
  • 文春は松本が◯◯に殺されたと思ったので安島三七を秋元伍一にかえた
  • ◯◯会の女教祖は大本でも天理教でもない「スケ(典侍)」だ
  • 最新洞察インタビュー
    【動画3】國體伝授開示(36)

    • 松本は◯◯◯◯のことを書き始めてから殺された
    • 周蔵の連載は8年から。ある意味では先生が殺したようなもの
    • ◯◯会の主フィクサーは後藤新平の一党。クエーカー教徒に絡む。麻薬ネットが成立している
    • 二二六事件は国内テロに区切りを付ける最終手段。世界ネットワークの裁可
    • 大日本皇道立教会から牧口が学術体系を出版。牧口の名前で軌道にのせて◯◯と入れ替わる
    • アヘン事件のレポート42枚を◯◯は周蔵さんに渡す
    • ◯◯会の構造が原書と違う。クエーカー連合、その金主のアスター家が絡む
    • 渡辺自動車が何故、喜連川にゴルフ場を作らされたか。→そもそも喜太郎は何者か
    • 木と石を融和させるのは水しかない。だから皇太子が京都環境会議で「水」をテーマにした
    • 黒田清隆を支配する者がいる。家系を引っ張り出すとそこに◯◯◯◯◯が出てくる

    2024年1月号コンテンツ

    ひとりがたり洞察帝王学
    前半

    • 参政党に潜入した組織の正体

    ひとりがたり洞察帝王学
    後半

    • 最新洞察「満洲問題の真相」

    最新洞察インタビュー
    【動画1】解説『敗戦からの記』

    • 『敗戦からの記』から読み取れる吉薗周蔵が「知らなかった」こと
    • 明石元二郎ロシア工作資金「900万円」の出処とは?
    • 大谷光瑞の立ち位置は立花大亀と同じといえる理由とは?
    • 戦前、宮中ワンワールドの正体
    • 吉薗周蔵がユダヤを新平民と定義する真意とは?
    • 落合先生が提唱する必然的な世界対立構造とは?
    • 吉薗周蔵の甘粕正彦に関する分析に石原莞爾が賛同した理由とは?
    • 結論として石原莞爾とハプスブルクの満洲政策は一致していたのか?
    • 現在の中華圏を支配している勢力の正体

    最新洞察インタビュー
    【動画2】國體伝授開示(37)

    • 岸信介と佐藤栄作は100%本当の兄弟ではない。岸は◯◯らと同じ。
    • 神々の乱心で「広島に行く」と出てくるがこれは宮◯◯一。宮◯は角栄より上位
    • 弾左衛門も同和ではない。岸は◯◯◯◯系か◯◯か◯ではないか
    • 佐藤栄作を満鉄に入れたのは◯◯◯◯の意向
    • 最近のゾルゲの映画、本などが頻繁に出るのは◯◯◯の決算
    • 乃木はためらい傷があった。乃木の最後は◯◯が手をくだした
    • 台湾とは何か。米国がカナダを実験大陸としてのと同様に台湾は◯◯の実験場
    • 最新洞察インタビュー
      【動画3】國體伝授開示(38)

      • 神々の乱心の北村幸子の生家の北村は奈良のムロの春日神社の天神社菅原の分かれ
      • 「神政龍神会」という本が八幡書店から出ているが、◯◯会のモデルになっている
      • 宮◯は神社の宮守から上がってきた下級公家。◯◯家のお手つき
      • 血統・霊統に分けるが一つになっていく
      • 二・二六事件の◯◯はかしこ所にある
      • 田中真紀子と◯◯次官。◯◯は旧中野学校系の諜報一族の一人
      • 田中義一と土佐の関係。表は黒田清隆、裏は後藤象二郎

    2024年2月号コンテンツ

    ひとりがたり洞察帝王学
    前半

    • 米中国交正常化の真相

    ひとりがたり洞察帝王学
    後半

    • 対米依存から脱却できない日本の現状

    最新洞察インタビュー
    【動画1】キッシンジャーの時代

    • 落合先生が「キッシンジャー通貨」と呼ぶ現行ドルの実態
    • 米国によって自民党に課せられた絶対的役割とは?
    • 米ドルの価値を疑って金を引きそうとしたその時、目前にあった偽物とは?
    • キッシンジャーがサウジアラビア王家と結んだ密約とは?
    • 米国債が空手形に過ぎないワケとは?
    • 大蔵官僚は密約の存在を知っていたのか?
    • 言葉だけが独り歩きしていたユーロダラーの本質とは?

    最新洞察インタビュー
    【動画2】死去発表と密約失効

    • キッシンジャー死去が発表された時期が意味することとは?
    • これから基軸通貨の多極化が始まることを示す状況証拠
    • 円はどうなる?ついに対米依存脱却なるか??
    • キッシンジャーの死とともに通貨制度は金本位制に回帰する?
    • 孔子の時代から変わらない通貨の本質とは?
    • キッシンジャーは米国覇権の延命をしたということ?
    • サンフランシスコ条約の密約有効期限を目安にすると、、、?

    最新洞察インタビュー
    【動画3】変動相場制終焉と新通貨制度

    • そもそも変動相場制はいらなかったのでは?誰がシナリオを書いたのか??
    • 不完全な米ソ対発生を補っていた国家とは?アジアの二国です
    • キッシンジャーがドイツから米国へ移住した目的とは?
    • キッシンジャーの時代はケネディ政権から始まっていた?
    • 米国覇権が終焉しつつある今、日本の安全保障はいかに?
    • 金本位制に回帰した世界は現通貨量を担保する金を保有しているのか?
    • 自民党派閥問題に特捜が入ったことが意味することとは?

    2024年3月号コンテンツ

    ひとりがたり洞察帝王学
    前半

    • ペトロダラー体制の沿革

    ひとりがたり洞察帝王学
    後半

    • ペトロダラー体制の終焉

    最新洞察インタビュー
    【動画1】ウクライナ戦争の終焉とWWⅢの始まり

    • カールソンによるプーチン単独会見の意義とは?
    • ペトロダラー体制に入った時、産油国ソ連が反対しなかった理由とは?
    • 日本は米国との「抱き合い心中」を拒否することができるのか?
    • 歴史的インタビューの大半を歴史的経緯に費やした真の目的とは?
    • 落合先生が「ウクライナ戦争は終わった」と断言する真意とは?
    • 第二時大戦の終焉は即ち第三次大戦の始まり。本質的な「戦争」の定義とは?
    • プーチンとシニアブッシュが仲間であるといえる証拠とは?

    最新洞察インタビュー
    【動画2】國體伝授開示(39)

    • 清張をたいした者だと思うのは佐々木○○を登場させた
    • 湯川の中間子論は弟子の○○が発見したもの。○○○にさらわれ行方不明に
    • 石川啄木は宮沢賢治と同じ○○能力があった
    • 梅毒→フン族→○○。宇野正美のいう第十三支族
    • ツングースの土地は○○家の土地
    • 植村直己は○○の諜報員
    • ○○の殺し合いは身内同士でやる

    最新洞察インタビュー
    【動画3】國體伝授開示(40)

    • 源平藤橘の○だけが少数をモットーとしてきた
    • 江戸時代の政治レベルが高いのは○が能力でシャレとか文学を高めた
    • 天皇家は○○○○○あたりから来たのであろう
    • ○○で実験したHAARPは必ず世界でやる
    • 立花大亀は○○○○○○生誕130年の祭祀に出席した
    • 松下幸之助が○○敏に大○の面倒をみろという
    • 大○が○○にモルガン、ロックフェラー、ロスチャイルドをくっつけた
    • 國體の保険とするために○○○○○に白羽の矢をたてた
    • 安藤は日本中の寺を歩いて見て、○○庵の大○に会う

    2024年4月号コンテンツ

    ひとりがたり洞察帝王学
    前半

    • ペトロダラーと小栗二分金

    ひとりがたり洞察帝王学
    後半

    • ペトロダラー体制の陰謀

    最新洞察インタビュー
    【動画1】國體伝授開示(41)

    • ○○の仕事は陶磁器も含めて、美術品の所蔵元を洗うのが仕事
    • ○○○バンクは支那中国文献資料回収機構と手を組んだ
    • 平林のことを○は詐欺師といっていたが裏でつながっている
    • 清張のところで様子も見るために○○は辺見報告書を売り込みにいった
    • 矢野祐太郎は大本の○○
    • 法華宗の○○寺は別名御所寺といわれる
    • ○○は辺見報告書を原本の本質をつかめていない

    最新洞察インタビュー
    【動画2】國體伝授開示(42)

    • 神秘主義の大本、月辰会は矢野、辺見は創価学会。そこには日本版ワンワールド思想がある
    • ペリーの祖父、母親が○○人。祖父が日本に来た。祖父はオランダ人か。母親が完全に○○筋/li>
    • 何で大亀と大本がくっついているか?
    • なぜ玄峰が○○に別院を作ったか
    • 玄峰90歳、誰の子か?大物だ。公家より位が高い
    • プロ野球は正力が引き受けて後は椎名がやった。IBMの戦略と深く関わる
    • 日本の諜報はIBMの○○○○
    • ○○クラブがプロ野球のオーナーを決める
    • 明治神宮の宮司の○○はサンカ
    • ○○は血が混ざっているが他から連れてきたのではないか
    • 上田と後藤田が○○号事件を画策した
    • 宗像神社は○○がいる。ワンワールド

    最新洞察インタビュー
    【動画3】國體伝授開示(43)

    • 源平藤橘の○だけが少数をモットーとしてきた
    • 江戸時代の政治レベルが高いのは○が能力でシャレとか文学を高めた
    • 天皇家は○○○○○あたりから来たのであろう
    • ○○で実験したHAARPは必ず世界でやる
    • 立花大亀は○○○○○○生誕130年の祭祀に出席した
    • 松下幸之助が○○敏に大○の面倒をみろという
    • 大○が○○にモルガン、ロックフェラー、ロスチャイルドをくっつけた
    • 國體の保険とするために○○○○○に白羽の矢をたてた
    • 安藤は日本中の寺を歩いて見て、○○庵の大○に会う

    2024年5月号コンテンツ

    ひとりがたり洞察帝王学
    前半

    • 円を基軸とした金銀複位制

    ひとりがたり洞察帝王学
    後半

    • ポストWWⅡの世界

    最新洞察インタビュー
    【動画1】平成大停滞の原因と結果

    • 宇宙核実験のゴミが黄砂に付着している?
    • 国際社会を○○○のように生き抜いてきた日本
    • 日本の中産階層を潰すために行われたこと
    • 中国富裕層の資産保管場所とは?
    • 日本人の次の世代の文化がダメになると落合先生が憂うワケとは?

    最新洞察インタビュー
    【動画2】日本版DSの正体

    • 李鵬の権力を裏から支えた続けた人物の正体
    • メガソーラー事業は中国から日本へのお返し?
    • 村山内閣をつくることによって日本が世界へ送ったメッセージ
    • 落合先生が知る胡耀邦の本当の姿
    • 日本版DSたる円卓会議。そこに集まる人物とは?
    • 外圧による円安を日本は利用している?なぜそう言えるのか

    最新洞察インタビュー
    【動画3】國體伝授開示(44)

    • 伊藤博文を殺したのは後藤。○○家の取り合いをした
    • 銀本位制は重農主義、金本位制は重商主義
    • 金日成を取り仕切っていたのは○○
    • フルシチョフがゾルゲを顕彰した。○○○をフィンランドに送る
    • トンネルの中に本物、○につながるトンネルがあった
    • ソ連が金日成を北に送り込む時、それを殺し入れ替えたのが○○ではないか
    • 角栄も赳夫も○○族。協力して○○法を作る
    • 昭和53年、大亀から昭和天皇は○○を回収する
    • 今回のプロ野球騒動は新旧の交代劇。○○は戸籍売買の頭領
    • 玄峰の第9条は昭和天皇の○○○○が目的。玄峰とゾルゲが繋がる

    以後、2024年9月号まで随時配信

    [申込特典その1]落合莞爾&華頂博一対談講演会@東京ご招待[締切]

    真の皇統譜に刻まれる特別な二人だからこそ実現可能な世界観。

    偶然か、必然か、、、時代の要請か。
    2023年11月11日(土)、落合流のワンワールド國體史観と伏見宮伝承の文明論が融合します。
    その日、あなたはまったく新しいワンワールド文明論を発見することになるでしょう。
    人類、そして文明というものに対する考え方に革命を起こすことになるからです。

    歴史的大イベントが開催される場所は、東京23区内某所
    特別な二人とは、落合莞爾先生と華頂博一氏。

    洞察帝王学講座・改2681【第三期】にご参加頂いたあなたを、
    落合莞爾&華頂博一対談講演会@東京に無料ご招待。

    ただし、100名限定
    洞察帝王学講座・改2681第三期へのご参加申込は今すぐ。

    講演会参加登録方法は、洞察帝王学講座・改2681第三期お申込完了メールにてご案内しています

    [申込特典その2]落合莞爾&華頂博一対談講演会収録映像アクセス権

    2023年11月11日の都合が合わない場合、
    または、無料招待枠に入れなかった場合もご安心ください。

    洞察帝王学講座・改2681【第三期】にご参加頂いたすべての皆様に、

    落合莞爾&華頂博一対談講演会収録映像アクセス権をプレゼントします

    もちろん、講演会にご参加された方々にもアクセス権をプレゼントいたします。
    ただし、準備でき次第の動画配信となりますことだけご了承お願いいたします。

    [申込特典その3]落合莞爾塾「第三期」第一回講義収録映像(83分)

    落合莞爾塾「第三期」は2017年1月〜6月の日程で開催された講義です。

    衝撃の講義の一部をご紹介しますと、、、

    ・ワンワールド國體の東の本家、西の本家の成り立ち
    ・グレートブリテン島の南北朝問題とは?
    ・イングランド王朝を継いだアルモリカの純粋ケルト人とは?
    ・マルクスの資本の原始的蓄積が誤り。資本の真実とは?
    ・天寿国繍帳の技術がワンワールドのものであるワケとは?
    ・欧州皇統の中心がベルギーに置かれた理由とは?
    ・昭和天皇と欧州皇統の関係とは?
    ・上皇陛下は昭和天皇の第一子ではない?第一子はどこへ??
    ・悠仁さまの後継はすでに決まっている?一体どういうことなのか??
    ・ヒンドゥークシュ山脈に水源を持つ河川と三皇五帝の関係とは?
    ・中華國體が雇っている共産党政体を破壊する者の正体
    ・ウバイドの発祥に関わる修験とは?

    価格にして15,000円相当の動画コンテンツをあなたにプレゼント。
    洞察帝王学講座・改2681【第三期】申込後、すぐにご視聴頂けます。

    [申込特典その4]洞察帝王学講座バックナンバー「2016年配信」全コンテンツ

    「洞察帝王学講座」とは、「洞察帝王学講座・改 2681」の前身であり、紀州文化振興会が配信していた有料コンテンツです。

    落合先生が「京都皇統から伝授された帝王学的秘史の断片を手掛かりとして歴史真相の洞察の過程を有志と共有したい」という思いで、紀州文化振興会から、2016年1月〜2021年9月にかけて全六十九回のコンテンツを一回あたり1000円または2000円にて配信してきましたが、第七十回から「洞察帝王学講座・改 2681」の「ひとりがたり」として配信しています。

    現在、全六十九回のバックナンバーは「落合洞察史観大系」として配信年毎にお届けしていますが、
    洞察帝王学講座・改2681【第三期】にご参加になったあなたには、
    洞察帝王学講座バックナンバー「2016年配信」アクセス権をプレゼントいたします

    全12コンテンツのタイトルを紹介すると、、、

    【第一回】ウバイド文化と帝王学
    【第二回】日本民族と遺伝子
    【第三回】日本民族と遺伝子(その2)
    【第四回】ウバイド精神文明の東方伝播
    【第五回】ウバイド精神文明がマニ教を生む
    【第六回】人間と合金のアナロジー
    【第七回】則天武后はマニ教の主神マイトレーヤの権現
    【第八回】南朝陳氏と佐伯連
    【第九回】南朝陳氏と佐伯連(その2)
    【第十回】陳氏の起源はワンワールドである
    【第十一回】北朝鮮こそ世界政治の中心
    【第十二回】フィリッピンの隠匿黄金

    全12コンテンツ(動画&テキスト)、9900円分の特典です。
    洞察帝王学講座・改2681【第三期】申込から2営業日後を目安に視聴できるよう手配いたします。
    また、本特典は「落合洞察史観大系」サイト内より配信しています。

    [申込特典その5]帝国陸軍特務・吉薗周蔵『敗戦カラノ記』(極秘・本邦初公開)

    --------------------------------
    1945年(S20年)9月末ピ。
    敗戦カラノ記

    明子ニ残ス日記。ヲサラク今ノ日本程貧困ニアヘグ事ハ ヲ前ノ一生ノ中ニ再ビ来ル事ハ
    アルマヒ。
    苦シヒ時 貧困ノ時 人ハダノヤフニ過ゴシテヰクカ 何ヲ考フルモノカ 日誌ニ記シテヲク。
    ヲ前ハ父ノ一生ノ中デ負犬トナッテ 心ニハ虚シサシカナヒトキ生レタ。
    父ハ父ノ責任ノ意識モナヒママ 只 明ルヒ性格デアレバヨヒト考ヘテ明子ト名付ケタ。
    50才ノ時デアル 父ガ61才ニナレバヲ前ハ11才ニナル。

    ◯日本ハ戦争ニ敗ケタ。サレモ並々ナラヌ悲惨ニシテ敗ケタノデアル。
    父ハ戦争ニ敗レル事ヲ知ッテヲリ カノ千葉ノ無住寺ヲ借リタ。
    父ハコノ戦争ニ入ル前カラ トヰフヨリ 大正元年18才ノ時カラ祖母ノ指導ニヨッテ上原
    勇作トヰフ人物ノ下ニ裏面カラ軍ノ手傳ヒヲシテキタ。
    上原勇作ナル人物ハ祖母トハ義理ノ間柄デハアルガ伯母ト甥ノ間柄デ
    アルタメ サカニ道ヲ開ヒテクレタノダト思ッテヰル。
    ヨッテ カノ終戦ノ僅カ去年ノ春頃マデハ 父ハ軍ノ手傳ヒヲシテキタ。
    猫ノ手モ借リタヒ程忙シヒトヰフ諺ガアルガ 軍モ父ノ様ナモノヲ必要トスル程
    忙シカッタ時ハマダ多少ノ望ミガアッタノデアラフガ忙シヒヤフデ何モヤ
    レナヒトナルト悲惨デアル。
    父ハ30年余ノ長ヒ間 マッタク軍ノ裏方トシテ良ヒ時モ悪ヒ時モ見テキタ。
    サノ間ニ薩摩治郎八ナル 父トハ反対ノ生キ方ヲシタ人物ト知リアッタ。
    サノ妻君ガ肺病デ長野ノ病院ニ入院シテヲル。夫家族カラ離サレテ 一人病院ノ
    近クニ家ヲ建テテ住ムデヲルカラ寂シヒノデアラフ。俳句ヲヨムヤフニナラレタ。
    父ニサノ俳句ヲ書ヒタ帳面ヲ下スッタ。サレヲ読ムデ父モ自己流ノ句ヲヨム
    ヤフニナッタ。
    コレカラノ日誌ハ 父ノ心境ハ句ヲヨム事トスル。父ノハ俳句トハ云ヘヅ自誤リ
    ノ自己流句デアル。

    △乞食坊主 住ム寺ミツケ 頭剃ル。

    △終戦モ 何モ変ハラヅ ケシ育ツ。

    △戦争ニ関ヅケシヲヤッテキヰル。函館ノ谷地ト奥多摩ト小菅村ト他
    ニコノ寺ノ本家ノ紹介ニテ花島ト習志野ノ実籾ニケシヲヤッテヰル。
    借リテヰル寺ノ近クニ3反歩バカリ畑ヲ作ルガ ココニハケシハ一反歩
    程シカ作ッテヰナヒ。サレモ少シヅツ分ケテヲル。
    △千葉ヘ移ル時布施サンカラヰヤトヰフホドニ云ハルル。千葉ノ人間ハ人柄
    ガ悪ヒカラクレグレモ心スルヤフニト。サレデ 植ヘテナラヌモノデハナヒガ
    畑ノ目的ガケシダト思ハレナヒ為ノ方法ハトッタ。
    △寺ニ入ッタノガ今年ノ7月デアル。広島長崎ガヤラレテ終戦トナッタ。
    --------------------------------

    これは、大日本帝国陸軍特務・吉薗周蔵が娘・明子に宛てた手紙の1枚目です。

    そう、すでにお気づきでしょう。
    落合・吉薗秘史シリーズで公開されることがなかった『敗戦カラノ記』です。
    私が手に入れた原本の写しは41枚に及びます。
    1枚目は紹介したとおりですが、2枚目以降の内容は主に、
    吉薗周蔵が石原莞爾個人の草となり諜報活動を行った記録です。
    当時、石原莞爾は第16師団長。
    そして、諜報の目的を次のように定めています。

    --------------------------------
    カレカラノ日本ヲ 誰ガダフヤッテ賣ッテヰルノカ
    アルヰハダフナッテ誤ッテヰクカヲシッカリト見定メタヒ
    サノタメノ情報収集ナノダトノ事。
    --------------------------------

    つまり、日本は米国との戦争に敗けることを開戦前から知っていたうえで、
    石原莞爾は吉薗周蔵に諜報を頼んでいるのです。
    それでは、諜報の対象は誰だったのか?
    吉薗周蔵が確信する「コノ戦争デ一番誤リヲシタ人物」とは??
    吉薗周蔵の報告に対し、石原莞爾はどのように応えたのか???
    諜報の記録のみならず、張作霖が略奪した奉天古陶磁の真の経緯もここに

    洞察帝王学講座・改 2681【第三期】にご参加になったあなたは、
    41枚に及ぶ極秘記録のすべてを今すぐダウンロードできます。

    極秘記録であり、本邦初公開

    吉薗周蔵の手記に国宝級の価値を見出すあなただからこそ、満を持してご提供するのです。
    内容の真贋の見極めも含めて、何卒、丁重にお取り扱いお願い申し上げます。

    それでは、洞察帝王学講座・改 2681 第三期、お申込方法をご案内いたします。

    洞察帝王学講座・改 2681 第三期

    【提供サービス】
    [講座その一]ひとりがたり洞察帝王学
    [講座その二]最新洞察インタビュー映像
    [講座その三]落合先生があなたの質問・疑問に回答
    [講座その四]映像・音声・文字起こしのダウンロード
    [講座その五]奥伝参加権


    【提供方法】
    [講座その一]〜[講座その四]
    専用オンラインサイトにおけるストリーミング形式動画
    2023年10月から随時配信開始
    ※お申込日に関わらず、「洞察帝王学講座・改 2681 第三期」における配信済コンテンツはすべて視聴可能

    【申込費用】
    99,000円(税込)
    お支払い方法は、カード・銀行振込ともに〈一括または10回分割〉からお選び頂けます。

    ここをクリックして
    今すぐ第三期に参加する